メラニン色素について!!

毛髪のメラニン色素は毛母細胞に散在する色素細胞(メラノサイト)において、チロシン(アミノ酸の一種)を原料としてメラニン合成酵素(チロシナーゼ)の作用により作りだされる。

 

メラニン色素は有害な紫外線を吸収し、頭部や身体を守る。

 

髪色はメラニン色素の種類と量によって決まる。

 

色素が大きくなったり、量が多くなると光を吸収して毛髪は黒く見える。逆にメラニン色素が無いと光の乱反射により白く見える。

 

メラニン色には「ユウメラニン 黒~褐色」と「フォオメラニン 赤~黄色」の2種類で、その量のバランスによって毛髪の色が決まる。

 

メラニン色素は毛髪重量の約4.5%以下。

 

ちなみに日本人はモンゴリアンタイプ

 

世界の割合は約34%

 

次回はなぜ?白髪になるのかを書きます。

 

美容室you

〒630-8023   奈良県奈良市尼ヶ辻西町2-8 

TEL 0742-45-8077

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です